『おもしろ法人留学制度』ですごす1週間 ~三日目、「ありがとう。」richオフィス~

5月27日 24:00
 筆者は、宿泊先のホテルの机で、今日、発見したしてきたこと書いている。

【1】音に感じる組織の横顔

 初日に感じた「ここ、集中しやすいな」は、音と声にあった。

 よく聞いてみると、ストレスになるようなとがった音がない。声にしても、あちこちで人のしゃべる声があるが、張り詰めたような職場での会話に見られるような耳障りなトーンをほとんど含んでいない。

 働きやすいから、お互いがそういう心理状態で接しあえるように見えた。

【2】創造的な要素をこわさないで受け渡しができること

 二日目の「ブレインストーミングのやり方だけにポイントがあるわけではない、と感じた」は、「創造的な要素をこわさないで受け渡しができる素敵な相互関係」にあった。

 カヤックでは、組織全体が創造的な要素をそのまま受け止めて、次の段階へと受け渡していける。

この【1】【2】を成り立たせている背景には以下に述べる「ありがとう。」が豊富にある職場(ありがとうrichオフィス)があると思われた。

【3】「ありがとうrichオフィス」

 三日目には、加藤昌治さんによるワークショップが開かれた。講師でいらした加藤さんは、カヤックの印象として「しっかりと挨拶(お礼)ができる」ことを述べられた。確かにワークショップの終わりには、気持ちの良い御礼と拍手が、自然となされていた。

 同社に留学してほどなく、オフィスの中での会話や社内のメールの頻出単語は「ありがとう。」であることに気づいた。そして、今日までの観察を振り返り、思い至ったのは、大きくなっても、創造する組織であるための、最大のヒントが「ありがとう。」にあるのかもしれない、ということ。

(1)創造的な努力をする人々は、頻繁に”初期的なアイデア”や”未確定なこと”を口にする必要がある。

(2)社内で様々な提案、それも初期的なアイデアを含むようなものが、十分に出されるようになるには、相手との肯定的な関係がいる。

(学術的には、「ブレインストーミングの4つの阻害要因」という概念の中の「評価懸念」という要因で説明されている。アイデア出しの際に、他の人が「おかしな意見をいうやつだなぁ」と感じているかもしれないと、発言者側が懸念すると、アイデアは出にくくなる)。

(3)彼らは、何かにつけて、言葉で、メールで、ありがとう、を送る。確定的ではない情報の提供や、直接の解決につながらない情報の提供まで含めて、「教えてくれて、ありがとう」、なのだ。

 そこには、ある空気がうまれる。実際には役に立たないかもしれないアイデアを出した時に、相手が必ず、肯定的に受け止めてくれるという空気が組織全体に満ちる。

 ありがとうは、アイデアを窒息させないための、空気のようなものなのだ。

(逆に、もし相手が「もっとしっかり要件定義してから、相談してよ」いう反応をしめしたら、創造的な案件は、ストレスフルな作業になりさがるだろう。日本の多くの職場では、この構図が頻繁に生じる。)

・・・

 初日にしめされる「面白法人カヤック ルールブック」「カヤック取扱い説明書」は、ありがとうの文化であることを明言していた。トイレには中期計画とおもわれるシートが4枚貼ってあり、各シートに、中期目標+「ありがとう。」が書かれている。何かの仕事を誰かに依頼した時も、してもらったら、かならず、「ありがとう。」という。

 「”ありがとう。”この言葉を、重視しています。」ということを文字で読んだ限りでは、予定調和的な「言わされている白々しさ」を想起してしまうが、カヤックは違う。

 行動を強制するのではなく、文化を明示する。その結果、相手を認め、相手のしてくれたことにまめに賞賛を与える。行動上に見える事として、会話が基本「ありがとう。」になっていく。

 この「ありがとう。」という空気がオフィスの中に満ちているので、大きくなっても硬化しないでいられるように思われた。

 成長する組織が大企業病にならないように組織に魔法をかけつづける効果があるこの組織風土を「ありがとうrich オフィス」と名付けたい。

 以上、三日目までに見たことと、そこから感じたことを、報告した。

 しかし、これだけだろうか。

「ありがとう。」をたくさん根付かせるだけで、創造する組織がつくれるだろうか。たぶん他にも非常にたくさんの要素があるはずだ。筆者に残された時間はすくない。もう少しだけ、なにか得られないか、最終日にかけてみたい。

今日の発見 :
 「ありがとう。」の満ちた空気は、職場を老化させない。

補足:
カヤックのサービスには、「ありがとう」をテーマにしたサービスもある
「THANKS」 http://thanks.kayac.com/ WEBサービス
「THANKS bottle」  http://thx.kayac.jp/pc/  携帯電話サービス

Leave a Reply